肌にハリとツヤを取り戻す「ハイフ」

美容皮膚科で話題のリフトアップ法

皮膚科や美容皮膚科で受けられる、今話題のリフトアップ法が「ハイフ」です。
従来のリフトアップは美容整形外科のイメージが強く、メスや糸を使用して施術を行うというものが主流でした。
「ハイフ」のメリットは、顔にメスを入れる必要がないという点や、麻酔の必要もないという点です。
気軽に顔のたるみを治すことが出来る上に、肌のツヤも良くなります。
「ハイフ」で使用されるのは、超音波のエネルギーです。
高密度のエネルギーが一点集中で肌の奥の筋膜に働きかけ、引き締めをうながします。
肌の奥には、皮膚の動きを司る筋膜があり、顔のたるみやシワはこの筋膜が加齢にともなって力が弱くなるため発生するのです。
この筋膜にエネルギー熱を与え、引き締めを行うことでたるみが改善されます。
熱が皮膚や肉を収縮する効果があるように、同様の作用を引き起こすことによって美容の効果が得られるのです。
しかも、この熱の効果によって、皮膚再生のためにコラーゲンが集められます。
このコラーゲンの効果は半年は続くと言われており、肌のツヤ効果も期待出来るのです。
「ハイフ」はその即効性にも注目されています。
施術してすぐに「顔が引き締まった」「シワが浅くなった」という印象を受けることも珍しくありません。
エネルギーを受けて引き締まった筋膜は、コラーゲンを生成します。

美容皮膚科で話題のリフトアップ法 / コラーゲン生成で肌ツヤもアップ / 皮膚の奥へアプローチするから肌表面のダメージがない